8本の歯の有無で遺体の身元を絞り込むシステム

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

岩手県歯科医師会は7月12日までに、東日本大震災後に歯型照合により多数の遺体の身元を確認した経験を基に、犬歯や臼歯といった特徴的な8本の歯の有無で遺体の身元を絞り込む新たなシステムを国内で初めて開発した。

15日の日本法歯科医学会(東京)で発表する予定。

表計算ソフトのエクセルを応用した独自の照合システムで、同歯科医師会は「将来の大災害に備え、この手法を広く紹介したい」としている。

歯型照合による身元確認は日航ジャンボ機墜落事故(1985年)などで有効性を知られたが、日本には統一的な作業マニュアルや照合システムはなかった。 

(共同)

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる