高リスクの執刀に手当て−国立がんセンターが新設

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

リスクの高い手術などを行った医師・歯科医師に手当てを支給する「観血的処置手当」を国立がん研究センター(嘉山孝正理事長)が新設し、10月から施行している。医師らのモチベーション向上を図るのが狙いと見られる。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる