骨吸収促すタンパク質−松本歯大研究チームが発見

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

松本歯科大学の研究チームは、骨芽細胞の産生するサイトカイン「Wnt5a」が破骨細胞形成を促進し、さらに同タンパク質の作用を遮断するとリウマチの骨破壊を抑制できることを発見した。2月19日付の米科学誌「Nature Medicine」電子版に掲載された。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる