骨の「形成」と「破壊」を制御−タンパク質「Sema3A」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の高柳広教授と林幹人研究員ら研究グループは、タンパク質「Semaphorin3A(Sema3A)」が骨の「形成」と「破壊」を同時にコントロールして適切な骨量を維持する役割を担うことを明らかにした。同発見で、骨粗鬆症や骨折、関節リウマチなどの治療法開発に期待がかかる。

記事提供

© Dentwave.com

閉じる