運転免許証不正取得などの疑いで歯科医師を逮捕

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

"自作"診断書で運転免許を不正取得...逮捕の歯科医「偽造じゃない」

 歯科医師事件ー産経新聞 2013年8月20日(火)21時55分

 

失効した運転免許証の再交付を受ける際、過去に治療を申告していたてんかんについて、「運転に支障なし」などとする偽造診断書を提出したとして、大阪府警交通捜査課と西淀川署は20日、道交法違反(運転免許証不正取得)などの疑いで、大阪市西淀川区野里、歯科医師、和田義章容疑者(52)を逮捕した。

 

逮捕容疑は6月、門真運転免許試験場(大阪府門真市)で、更新期限切れで失効した運転免許証の再交付を受けるために「特別新規申請」をした際、「脳波に異状はなし」などと書かれた偽造診断書を提出し、不正に運転免許を取得したとしている。

府警によると、和田容疑者は過去に計6回、更新期限切れで免許を失効。

最初の4回は半年以内に申請し、「うっかり失効」として再交付を受けたが、平成20年1月に失効した際は、約1年半後の22年9月にてんかんの治療を理由に再交付を受けたため、次回更新時に診断書の提出を求められていた。

 

手書きで訂正された診断書を不審に思った担当者が調べたところ、記載病院が閉院していたことが分かったという。和田容疑者は大阪市内の総合病院の歯科に勤務しており、「診断書は自分で書いたが、偽造した診断書は出していない」と容疑を一部否認している。

.SwiftPreview63146{width: auto;height: auto;display: block;position: static;background-color: transparent;border: 0;margin: 0;padding: 0;overflow: hidden;visibility: visible;}.SwiftPreviewImg63146{width: auto;height: auto;display: inline;position: static;background-color: transparent;border: 0;margin: 0;padding: 0;overflow: auto;visibility: visible;}div.SwiftPreview-container63146{pointer-events: none;position:absolute;overflow: hidden;display: none;top:0;left:0;z-index:99999;}div.SwiftPreview-content63146{padding:7px;background-color:black;border-radius:3px;-webkit-border-radius:3px;overflow: hidden;}img.SwiftPreview-img63146{left: 7px;top: 7px;position:absolute;overflow: hidden;-webkit-transform-origin: left top;}div.SwiftPreview-cover63146{pointer-events: none;top:5px;position:absolute;z-index: 999}img.SwiftPreview-loading63146{display:none;position:absolute;}iframe.SwiftPreview-iframe63146{display: block;overflow: auto;visibility: visible;border: 0;padding: 0px;margin: 0pxwidth: auto;height: auto;position: absolute;left: 7px;top: 7px;-webkit-transform-origin: left top;background-color:white;}

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる