▶新規会員登録

ニュース

2009/08/17

歯科医師関係

財務相 医療制度改革の方向性に関する報告書

 財務省は8月7日、持続可能な医療サービスと制度基盤に関する研究会(財務総合政策研究所)がまとめた報告書を公表した。この研究会では、国民・医療関係者の双方が安心できる医療供給体制と、適切な費用負担の下での持続可能な医療保険制度について、中長期的かつ幅広い視点で議論してきた。 報告書は、各メンバーがテーマごとに研究結果を報告する形をとっており、資料にはその要旨が示されている。 病院経営について亀田メンバーは、医療を成長産業として捉えることが重要であるとし、(1)混合診療の原則自由化(2)診療報酬制度の透明性(3)医療安全と訴訟(4)規制の強化と緩和—などについて具体的な提言をしている。 また、医療制度改革について大森メンバーは、(1)費用負担のあり方を考慮(2)保険制度への規制された競争原理の導入(3)サービス提供における公私の役割の再検討—などが必要としている。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策