谷口幸治・尾張旭市長(歯科医師)が死去、67歳

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

愛知県尾張旭市の谷口幸治市長(歯科医師、元市歯科医師会長)が2月6日、午後4時11分、膵臓がんのため名古屋市内の病院で死去した。67歳。

葬儀の日取りや喪主は未定。

谷口氏は2月4日に入院を理由に退職届(24日付)を提出していたため、市選管は2月6日、市長選を3月18日告示、同25日投開票と決めた。

谷口氏は市内の歯科医院の3代目。

2001年11月に初当選し、3期目だった。

小中学校の学校歯科医をしながら、子どもたちの将来を考えてきた。

市長選に立候補を打診されて、「心の教育」を訴えて2001年に初当選した。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる