訪問歯科診療 口腔内の状態確認

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

【訪問歯科診療及び訪問歯科衛生指導が必要と考えられる状態の例】

・歯が欠けたり、被せていた金属などがはずれた状態を放置している

・歯が抜けた状態のまま放置している

・歯肉から出血している

・動いている歯がある

・入れ歯がはずれやすい、かむと痛い

・口腔内に食物残渣がある

・口臭が強い

---------------------------------------------

主治医意見書の歯科医師の対応について

「口腔内の状態像(例えば歯の崩壊や喪失状態、歯の同様や市肉からの出血の

有無、義歯の不適合等)もとに、必要に応じて印をつけてください」に変更された。

医師の方が、口腔内の状態について判断されることになったのです。

歯科医師会では、医師会の先生方と協議を行い、お互いの情報交換の必要性を確認し歯科の専門の立場から、口腔内の充分なケアと健康が、要介護者の方達の自立へ、如何に

貢献するかの説明と、また簡単なチェック事項を制作してお渡しする。

介護に於ける、口腔ケアの重要性を、歯科医師が充分に認識し、その重要性を各分野の方達に分かっていただけることが大切だ。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ