被災地の窓口負担の免除 最大1年間延長

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東日本大震災の被災地域における医療機関の窓口負担の免除期間が福島第一原子力事故による警戒区域等の住民については平成25年2月28日まで、それ以外の被災地域に住む住民で国民健康保険、後期高齢者医療制度、全国健康保険協会に加入する人は24年9月30日まで延長される。厚労省が1月30日に発表した。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる