衛生士コラム「全身管理に目を向ける歯科衛生士を目指そう」

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科衛生士コラム
歯科衛生士 阿部田 暁子

公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定 インプラント専門歯科衛生士
一般社団法人 日本歯科麻酔学会 認定歯科衛生士

パート① 全身管理に目を向けよう
今回より「歯科衛生士コラム」の連載をさせていただくことになりました、歯科衛生士の阿部田暁子と申します。 私は1985年に大学病院附属の歯科衛生士学校を卒業後、同大学病院の麻酔科に勤務をしました。北欧スウェーデンより予防歯科が日本にやってきて、歯科衛生士による口腔衛生が注目を浴びていたその時代に、全身麻酔や静脈内鎮静法の介助、点滴の補助など、患者さんの全身状態を見る仕事からのスタートでした。それから約30年の月日を経て、一般社団法人日本歯科麻酔学会歯科麻酔認定歯科衛生士制度が発足し、これまでのその経験が活かされた資格を取得することとなりました。
その制度は、「地域社会の歯科医療における安全性の向上に貢献することを目指して、歯科診療における全身管理に関連する領域でチーム医療に参加できる知識と技術を有する歯科衛生士」とされています。
 文章を読むと少し難しく感じると思いますが、歯科治療中の全身的偶発症を防ぎ、安全な歯科医療を行うために、チームの一員として全身管理の知識を身につけ、実践できる歯科衛生士を目指しましょう、ということなのです。
 皆様は普段臨床の中で患者さんの口腔内を見ることが多いと思いますが、その際にお口の中だけではなく(歯だけではなく)、患者さんの全身状態の情報を把握していますか?
安全な歯科治療を行うためにも、もう少し視野を広げて患者さんを見ていきませんか?

そこで、
1.全身管理に目を向けよう
2.患者さんの会話の中から情報を得よう
3.モニタリング(バイタルサイン)について知ろう

ということで、今回より3回にわたり歯科衛生士にできる全身管理についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。
今回第1回ということで「全身管理に目を向けよう」というテーマでお話したいと思います。

1.私たちにできる雰囲気鎮静法


歯科医院を訪れる患者さんは、ほとんどの方が緊張をされています。今日はどんなことをされるのか、痛いのだろうか、どれくらい治療に時間がかかるのだろう、スタッフは優しいか、何でも聞けるかどうか、などの不安がつきません。「白衣性高血圧」という言葉があるように、病院に来院するだけで不安や緊張から普段の血圧より高くなることが多くあります。歯科医院では痛み(身体的ストレス)、不安や緊張(精神的ストレス)、そして麻酔の注射に含まれるアドレナリンによるストレス(薬物的ストレス)が伴います。全身疾患を有する方がさらにストレスが加わると全身的偶発症を引き起こすリスクは大きくなります。

 患者さんが不安な要素となるものには、痛みや歯科医院独特の臭いの他に、先生やスタッフが怖い、椅子に横になったままずっと待たされている、説明がなく口を開けたままで聞くこともできないなど様々です。患者さんの不安が増大すると、血圧が上昇することがあります。高血圧の方はさらに血圧が上昇し、危険な状態にもなりかねません。また極度の緊張から迷走神経反射が起きてしまうこともあります。患者さんの不安を和らげるような私たちの雰囲気や態度、対応次第で患者さんの気持ちを落ち着かせることができます。しかしながら不安を増長する対応によっては血圧を上げてしまうこともあります。そのため、直接患者さんとかかわることの多い私たち歯科衛生士が、コミュニケーションの中から患者さんとの信頼関係を築き、患者さんの精神的ストレスを軽減させることが重要となります。そしてそれは、歯科治療中の全身的偶発症を防ぐことにもつながるのです。

2.患者さんは何かしら全身疾患を持っている?


 我が国は超高齢社会を迎え、歯科医院を受診される患者さんの年齢層も高くなっています。2019年に当医院でインプラント埋入手術を受けた患者さん120名の年齢層を見てみますと、60歳以上の割合が約半分をしめています。
その中で全身疾患を有する患者さんは約3分の1をしめています。
 全身疾患の内容としては、高血圧や糖尿病が多く、他には脂質異常症、脳血管障害、心疾患などが挙げられます。患者さんの多くは病院に現在通院中であったり服用薬があることが多く、普段の治療の中で気を付けなければならないことが多くあります。
普段の診療の中で私たちが接する患者さんの多くは、何かしらの全身疾患を有しているかもしれません。そのためには患者さんの情報を正しく知ることが重要となります。
次回第2回では、メインテナンスなどのチェアサイドでの患者さんからの情報についてお話をしていきたいと思います。


参考文献

医歯薬出版 2019年 10月 脱口だけ歯科衛生士 全身状態へのアプローチ
編著 山口秀紀 著 阿部田 暁子

日本歯科麻酔学会認定歯科衛生士Presents
もし、全身管理をしていなかったら・・ デンタルハイジーン Vol40 No.4呼吸
編著 卯田昭夫、阿部田 暁子

歯科衛生士テキスト 歯科麻酔学・全身管理学 学建書院


記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる