▶新規会員登録

ニュース

2009/03/03

厚生労働省・行政・政治

自民党議員らがレセプトオンライン請求に反対論

自由民主党が2月27日に開催した自民党社会保障制度調査会医療委員会で、参加した約130名の議員らから、診療報酬明細書(レセプト)のオンライン請求を2011年4月から義務付ける政府方針について、反対論が相次いだ。日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会は「コストがかかり経営に打撃だ」とオンライン義務化に反対しており、自民党議員に働きかけており、衆院選もあって、自民党側は「地域医療の崩壊につながる」として、義務化免除の例外を広く認めるよう求める方向とされる一方、厚生労働省は、自らパソコンを操作してオンライン請求するのが難しい高齢の医師らに代わり、医師会などが「代行請求」できる仕組みを準備中だ。代行請求手数料の負担軽減や入力事務担当の職員雇用への補助など対応策を検討している。

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策