臨床の予知性高める−顎咬合学会

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

第28回日本顎咬合学会学術大会が6月12、13の両日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開かれた。「予知性のある歯科臨床を求めて」をメインテーマに、材料や手技を始め、食育へのかかわりなど多彩な内容で200を超える演題が発表された。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる