▶新規会員登録

ニュース

2009/07/27

医療関係団体・保険組合

福祉医療機構医療貸付資金が利用しやすくなった

医療貸付事業では、全国の医療関連施設に対して、建築資金や運営 のための資金をご融資しています。長期・固定・低利でのご融資を通じて安定した経営を支援することで、医療の民間活動を応援します。つきましては、お客様のご要望をふまえ、平成21年度から以下の とおり融資条件等を変更し、より利便性の向上を図ります。ぜひ、医療貸付資金をご利用下さい!

1.保証人要件の緩和について保証人要件については次のとおり変更いたします。【現状】2名以上→ 【変更後】1名以上※平成21年度新規受理分から適用いたします。2.銀行自動引き落としの導入について従来の振込み方式に加えて、預金口座振替方式(銀行自動引き落とし)を導入いたしました。3.月賦償還の導入について現行の3箇月賦償還に加えて、月賦償還を導入いたします。4.標準建築単価の引き上げ(1.15倍)について標準建築単価については、1.15倍に引き上げ 建築費増加に対応いたしました。

【お問い合わせ先】東京本部 医療貸付部医療審査課 TEL:03-3438-9940 大阪支店 医療審査課 TEL:06-6252-0219

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策