▶新規会員登録

ニュース

2009/06/08

厚生労働省・行政・政治

石井みどり議員が質問「”2200億円削減”の撤廃は?」

6月2日開催された参議院厚生労働委員会で、石井みどり参議院議員が、持ち時間の大半を年金問題に関連して、「無年金への対応」、「国庫負担1/2にす異議と課題」「最低年金保障制度」等に関して渡邊芳樹年金局長に質問した。同時に、舛添要一・厚生労働相に対しては、社会保障費2200億円削減問題について「”2200億円削減”を撤廃する考えはありますか」と問いただした。それに対して、「国民の不安や不満を解消するため、社会保障制度のセーフティーネット機能を強化することが必要」と述べた。ただ、セーフティーネットの強化一本やりでは駄目だとし、「無駄の排除を行うべき」との見方も表明。さらに「財源投入によって、介護や医療がさらなる成長への起爆剤となり得ることを、もう少し明確にする必要がある」とも述べた。舛添厚労相は、政府が進める2011年度の基礎的財政収支の黒字化や、社会保障費の抑制政策について「与謝野馨財務相も、旗はあるが相当ぼろになったと言っている」とも述べ、限界になりつつあるという認識を示した。ただ「効率化をするという旗は捨ててはならず、無駄があればきちんと是正する態度を捨ててはいけない。無論、セーフティーネット論だけでも駄目だ」と強調した。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策