病院の耐震改修状況調査の結果について

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成22年1月5日

厚生労働省医政局指導課

課長補佐 高宮裕介

災害医療対策専門官 道上幸彦

(電話) 03-5253-1111(内線4136、2558)

(直通) 03-3595-2194(FAX)  03-3503-8562

 

病院の耐震改修状況調査の結果を取りまとめましたので、公表いたします。

【調査結果のポイント】○ 病院の耐震化率は、56.2%(平成17年調査では36.4%、平成20年調査では50.8%)○ このうち、地震発生時の医療拠点となる災害拠点病院及び救命救急センターの耐震化率は、62.4%(平成17年調査では43.3%、平成20年調査(災害拠点病院のみ)では58.6%)(参考) ・「自然災害の『犠牲者ゼロ』を目指すための総合プラン」(平成20年4月23日中央防災会議決定)において、平成22年度までに災害拠点病院及び救命救急センターの耐震化率を71.5%とする目標を定めています。

 病院の耐震化については、地震発生時の病院の倒壊・崩壊を防ぎ、入院患者等の安全を確保するとともに、被災者に適切な医療を提供していく観点から、重要な課題となっています。このため、厚生労働省において、病院の耐震改修状況の調査を行うとともに、各種補助事業により病院の耐震化を促進してきたところです。

 平成21年1月29日に各都道府県に対して、平成20年調査の追加調査を依頼し、平成21年8月31日までの各都道府県からの報告に基づき、病院の耐震化の状況を取りまとめました。・調査対象:平成20年調査において、「一部の建物に耐震性がある」、「すべての建物に耐震性がない」又は「建物の耐震性が不明である」という回答であった病院及び回答がなかった病院・調査内容:各病院の建物毎の建築年度、耐震診断の有無、Is値、平成21年度以降の予定・調査結果:別紙のとおり

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000003jyl.html

 

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる