▶新規会員登録

ニュース

2009/09/01

医療訴訟 事件簿

現在の会長Aがその地位にない確認を求める事案

臨時代議員会会長選挙無効確認請求事件  

平成21年07月15日 大阪地方裁判所 

 

主文

1 原告らの請求をいずれも棄却する。

2 訴訟費用は原告らの負担とする。

事実及び理由

第1 請求

Aが,被告の会長たる地位にないことを確認する。

第2事案の概要本件は,社団法人(特例社団法人)である被告の会員である原告らが,平成20年2月14日に開催された被告の臨時代議員会(以下「本件代議員会」という。)において行われた被告の会長選挙(以下「本件会長選挙」という。)において,無効な投票が1票あったのに,これを有効な投票と扱った結果,当選人たる現在の会長(被告代表者であるA)が決定されたものであり,当該投票を無効として計算すると各候補者の得票が同数となり,少なくとも当選人にはならなかったと主張して,被告の現在の会長であるAが,その地位にないことの確認を求める事案である。

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090729103613.pdf

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策