災害発生時応援 四国4県歯科医師会12項目の協定書

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

大規模災害で連携/四国4県の歯科医師会

四国新聞から引用 2012/04/08 09:55

 東南海・南海地震などの大規模災害に備え、四国4県の歯科医師会は4月7日、危機事象発生時の広域応援に関する基本協定を締結した。

被災した県に対し、他県の会員が物資を提供するなどの支援に当たる。

 協定は、大規模な自然災害や武力攻撃により重大な被害が発生した地域に対し、迅速な応急対策や復旧支援を行うのが狙い。

被災県の歯科医師会から要請を受けた他県の歯科医師会が情報を共有して計画を立て、物資提供や人員派遣のほか、歯科医療支援などを進める。

 同日、香川県高松市内のホテルであった調印式には、四国4県の歯科医師会会長ら約20人が出席し、協定書に調印した。

香川県歯科医師会の豊嶋健治会長は「万一の際には『四国は一つ』という伝統的な連携意識や、東日本大震災の被災地での活動経験を生かしたい」と話した。

---------------------------------------

協定:災害発生時に応援 四国4県歯科医師会が締結 /高知

毎日新聞 2012年04月10日 地方版から引用

 東南海・南海地震などの災害発生時に応援・協力体制を築くことを目的に、四国4県の歯科医師会がこのほど、「危険事象発生時の広域応援に関する基本協定」を結んだ。

4月7日に高松市内で行われた締結式で、4県の歯科医師会会長が12項目からなる協定書に調印した。

 協定書には、震度6以上の地震が発生した際、被災県から応援要請がなくても、現場に赴き、医療活動を行うと規定。医療機器や物資の提供の他、救急医療施設の所在地などに関する情報の共有などを盛り込んでいる。

 締結式で香川県歯科医師会の豊嶋健治会長は「四国は一つという意識で応援活動を迅速に行いたい」と述べ、協定への期待感を示した。【鈴木理之】

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる