水平診療 21世紀の歯科診療を予測したロジックの全貌

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

「パフォーマンス・ロジック—ゼロからの軌跡」

Dr.ダリル・ビーチ学術記録集(1・2巻)

本書は、Dr.ダリル・ビーチによる講義やシンポジウムの記録集として出版された。

つまり、ドクター・ビチーが歯科界に果たした業績の集大成である。

1963年(昭和38年)の秋ADA(全米歯科医学会)総会において、Dr.ダリルが、新しい基準を持つ歯科診療台を発表した。

この新しい歯科診療システムの普及が、我が国だけでなく、世界の歯科医療の進歩と向上に大きく貢献した。

そして、奇しくもドクター・ビチーは、21世紀の歯科診療を予測していた。

本書の題名にあるゼロとは、原点とも言える。

 

そして原点とは、「人間工学」の視点とも解釈できる。 

ドクター・ビチーは歯科医師の診療姿勢を、「人間工学」に基づき、新たに構築したのである。

だが、ドクター・ビチーの水平診療の本義は、今日でも正確には伝わっていない。

 

つまり、トータルな「体系化」は歯科界の一部でしか試みられていない。

システム自体の合理性はほぼ公認されてきたが、その科学的証明においては、必ずしも満足できる状態とは言えない。

 

そして、ドクター・ビチーが考案した診療システムの原点が、不透明にも感じられる。

では、ドクター・ビチーとは、何者であるのか?

歯科診療について、自分の哲学に基づき新しい基準を確立した先駆者である。

それは歯科医学史上のエポック・メーキングとも言える出来事であった。

 

価格:21、000円(税込)

 販売:(株)エッチ・アイ・ティ

 〒413−0102 静岡県熱海市下多賀1607−30

 TEL:0557−67−8123

 FAX:0557−67−8127

 http://www.hit-dental.net  

 

http://www.ikashika-tsushin.com/blog/?p=468

 「ゼロからの軌跡」

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる