歯科診療所がスポーツ施設開設で2億円の負債

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

北海道石狩市の医療法人社団樹誠会が民事再生法適用を申請

3月22日の帝国ニュースによると、医療法人社団樹誠会(資産の総額600万円、北海道石狩市北条2−202、向田茂樹理事長)が、3月8日に札幌地裁へ民事再生法の適用を申請していたことが判明した。

同法人は1990年7(平成2年)9月に設立。

歯科診療所「向田ファミリー歯科」の経営を手がけた。

2009年9月期には年収高約6900万円を計上していた。

またこの間、関連会社を通じて札幌市北区で複合スポーツ施設を開設し運営していた。

しかし、関連会社の借入金などに対する債務保証を同法人で行っていたため、同社の業況悪化に伴い資金負担が増加、今回の措置となった。

負債は保証債務を主に約2億の見込み。

向田茂樹さんは、1983年北海道大学歯学部卒業

1986年向田ファミリー歯科開設 

2009年法人化

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる