歯科衛生士、歯科技工士の技術と労働に対する評価を

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

1、社会保障制度改革推進法、消費税増税法、TPP 参加による社会保障の形骸化を阻止しよう。

2、安心して歯科治療が受けられるように窓口負担を大幅に軽減させよう。

3、健康保険で歯科治療が受けられるよう、保険給付の範囲を広げよう。

4、医療従事者が連携し、適切な保険診療が提供できるよう歯科の医療費総枠を拡大させよう。

5、歯科衛生士、歯科技工士の技術と労働に対する評価を高めよう。

6、保険医の人権を無視し、患者の療養権を奪う、指導、監査を抜本的に改善させよう。

7、東日本大震災の復旧・復興のもとで歯科医療提供体制を再建しよう。2012年歯科全国交流会決議

  宮城県保険医協会 

2012年11月8日

「第12回保団連歯科全国交流集会」が10月28日、東京・新宿で開かれ、全国の歯科医師や医師など、150人が参加しました。

歯科医療をめぐる情勢や、各協会・医会での「保険で良い歯科医療を」運動と、成文化に向けた歯科医療改革提言(案)などについて討議、交流しました。最後に下記の集会決議「お金の心配がいらない保険で良い歯科医療の実現を」が採択されました。

http://hodanren.doc-net.or.jp/news/teigen/121028sikaketugi.pdf

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ