歯科国試「最低修業年限」での合格6割

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成19年に歯科大学・歯学部に入学した2,596人中、留年も浪人もせずに「最低修業年限」で25年(第106回)歯科医師国家試験に合格したのは1,551人、59.7%だった。文科省の医学教育課の調べによるもので、23年、24年の国試62.8%、59.7%と比べて改善は見られていない。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ