歯科医師国家試験制度改善検討部会

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科医療の質を確保する上で大変重要な意味

2012年4月6日

医政局医事課試験免許室

○日時

平成24年4月6日(金) 14:00〜17:00

○場所

専用第23会議室(19階)

○出席者

委員

赤川委員・和泉委員・井上委員・植田委員・江藤委員(部会長)

高田委員・丹沢委員・野上委員・橋本委員

福田委員・三浦委員・宮村委員・安井委員・村田医学教育医事課長(文部科学省高等教育局)

事務局

大谷医政局長・上條歯科保健課長・小椋歯科保健課長補佐・岡田試験免許室長・

曽我試験免許室長補佐・大坪試験免許室試験専門官 他

○議題

歯科医師国家試験制度改善検討部会報告書(案)について

○議事

○曽我補佐 それでは、定刻となりましたので、歯科医師国家試験制度改善検討部会第2回を開催いたします。まず始めに、医政局長からご挨拶を申し上げます。

○医政局長 医政局長の大谷でございます。お忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございます。

先生方には、昨年8月からワーキンググループを含めまして、計7回にわたり現行の歯科医師国家試験のあり方についてご議論をいただいてまいりました。

この試験は、ご承知のとおり、我が国の歯科医療の質を確保する上で大変重要な意味をもつものでございます。

平成26年から実施いたします歯科医師国家試験は、本日ご提言いただく内容を踏まえたものになるということでございまして、その重要性に鑑みまして、本日も是非最後まで審議をお願いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002ahk4.html

 

記事提供

© Dentwave.com

閉じる