松風 2009年3月期決算 売上高は前期比8.6%増

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

主力のデンタル関連事業が北米・中南米及び欧州地域での円高の影響を受け減収を余儀なくされた。また、国内市場は売上は堅調に推移、ネイル関連事業の売上が同期から本格的に寄与し、連結売上高は前期比8.6%増の165億2600万円となった。 一方、損益面は、ネイル関連事業の費用増加や、同事業を担う株式会社ネイルラボの株式取得に係るのれん償却費用の発生、デンタル関連事業での研究開発や広告宣伝活動などの販管費増加、営業利益は前期比3.7%減の14億1400万円に留まった。 また経常利益は、為替差損発生に伴う営業外費用が増加し、前期比13.2%減の13億1300万円、最終利益は、投資有価証券評価損を特別損失に計上した結果、前期比12.9%減の7億9300万円。 今期は前第3四半期以降の市況低迷の流れが続くものと予想され、海外での当期比円高の為替レート設定による影響も重なり、連結売上高は前期比1%増の166億8700万円を見込む。 また損益面は、年金資産の時価評価減による退職給付費用の増加や、営業拠点の機能強化・研究開発などの投資的費用の増加で、営業利益は前期比20.7%減の11億2100万円、最終利益は前期比14.5%減の6億700万円を見込んでいる。 http://www.shofu.co.jp/contents/hp1305/index.php?No=909&CNo=1305

 

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる