東京歯科大学口腔科学センターのワークショップ

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

最終的に臨床へ応用していくことが目的

 

 平成21年度東京歯科大学口腔科学センターのワークショップが3月5日、千葉校舎第5教室で開かれた。

はじめに金子譲学長が挨拶し、歯科大学における研究の必要性について、「研究施設、研究費は限られているが、歯科医療、歯科医学の発展性に欠かせない。研究の現状をどのように捉え、どのように将来につなげるべきか。研究拠点としての口腔科学センターの機能的な役割が重要だ」と述べ、ワークショップを実りある時間としてほしいとした。

 

ついで、井上孝口腔科学センター所長が、基調講演「東京歯科大学の研究動向について」を行った。

また、特別講演「韓国の科学研究費獲得戦略と歯学研究の現状」が鄭翰聖・延世大学校歯科大学・東京歯科大学客員教授)が行われた。

<基調講演>

「東京歯科大学の研究動向について」

井上孝口腔科学センター所長

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる