▶新規会員登録

ニュース

2009/07/09

歯科医師関係

札幌市の歯科医院の院長から直接弁明を聴く聴聞会

北海道厚生局は7月9日、患者が支払う診療費の窓口負担分を実質無料にしている問題の札幌市の歯科医院「デンタルライラック」の院長から直接弁明を聴く聴聞会を開いた。

歯科医院「デンタルライラック」と特定非営利活動法人(NPO法人)「CMケア機構」が実質一体となっていることから、保険医療機関の指定と院長の保険医登録を取り消す方針である。

近く北海道地方社会保険医療協議会を開くとしており、患者の診療費一部負担を規定した健康保険法の違反で処分する。

これまで医院への改善指導や監査を行っていたが、「弱者救済が目的である。法令には違反していない」などと主張して、北海道厚生局の改善命令に従う姿勢を示さなかった。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策