▶新規会員登録

ニュース

2009/05/11

医療関係団体・保険組合

日歯・新インフルエンザ対策協議を開催

日本歯科医師会は、4月28日に新インフルエンザ対策の協議を行い、都道府県歯へ文書発出し、HPでの情報提供を整備し、各種危機管理に対応を始める。それに基づき、都道府県歯だけでなく郡市区歯も対応しているが、都道府県・郡市などの行政も対策を講じているとしている。既にポスター貼付など医師会・歯科医師会との連携も進んでいる。5月10日まで休校の大学もあり、対策は各所で同時並行して着々・粛々と実行している、としている。 一方、日本医師会は、「新型インフルエンザ対策本部」の設置について、会長名で次のような見解を示した。日本医師会WHOのフェーズ4宣言により、日本政府が「新型インフルエンザ対策本部」の設置並びに日本における状況を第一段階」であると宣言したことを受けて、4月28日、唐澤祥人会長は、『日本医師会「新型インフルエンザ対策に関する行動計画」』に基づき、「新型インフルエンザ対策本部」の設置と非常体制の発令を行いましたので、お知らせいたします。今後は、本会が担う公益的事業等を通じて、新型インフルエンザの感染拡大と健康被害の抑制に努めてまいります。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策