▶新規会員登録

ニュース

2009/06/08

厚生労働省・行政・政治

日本看護連盟 高階恵美子・日看協会常任理事を次期参院選候補者に

来年7月に行われる、参議院議員選挙に向けて、各職域団体が候補者擁立を決め始めているが、日本看護連盟は5月29日、都内で2009年度通常総会を開き、日本看護協会の高階恵美子常任理事を、来年の次期参院選に擁立することを決めた。高階氏は5月31日付で日看協常任理事を退任して選挙準備に入り、自民党の公認候補として出馬する予定。一方、6月1日から清水嘉与子・元参院議員が新会長に就任。清水氏は6月に設立する後援会「高階恵美子と未来をつくる会」の会長も務める。 当日は、自民党の細田博之幹事長や看護問題対策議員連盟の津島雄二会長、阿部俊子衆院議員らが参加し、高階氏を支援する方針を示した。今年の9月までにも行なわれるとされる総選挙にも言及し「阿部俊子議員は精力満点の人。大変な選挙になるが、阿部さんのエネルギーで堂々と当選できるようお願いしたい」と述べた。総会後に開かれた高階氏を支援する決起集会には、自民党の町村信孝前官房長官と菅義偉選対副委員長、南野知恵子参院議員らも駆けつけた。高階氏は来年で任期満了を迎える南野氏の後継の形で出馬する見通しで、南野氏は「自民党は苦しい状況での選挙だが、高階さんは耐えてくれると思う」とエールを送った。 日本看護協会への評価と期待は高く、自民党としても強力な支持団体の一つであり、重要視している。かつて森喜朗・元首相も「これからは看護師は、社会的に重要な職業としてさらに評価されていくと思われる。自民党としても応援していかなくてはならない」と発言しているように、その期待は大きい。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策