日本歯科衛生士会も創立60周年を迎え、まさに正念場

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科衛生士の就業率の低いことは、事実であり、その原因を明らかにして対策を講じることは大切なことですが、歯科衛生士国家試験の合格者数が少ないことは、別の要因によります。

それは、歯科衛生士の教育課程が原則2年から3年制となり、第21回(平成24年春)は2年制の卒業生がほとんどいなくて、3年以上の課程を終えた受験生が、少ないといった特異な年であったからです。

次回、すなわち平成25年春の第22回は、3年制の卒業生が全てとなりますから、受験生は増加すると予想されます。

問題は、レベルアップされた歯科衛生士が、スムーズに歯科界に受け入れられて、就業率が増加するかどうか、にあります。

日本歯科衛生士会も創立60周年を迎え、まさに正念場といえるでしょう。

コメント投稿: 一読者

 

歯科衛生士に働きたくない理由など『本音』を聞く - 社長ブログ - 

19 時間前 - 歯科衛生士問題は、歯科界にとって古くからの問題であり、今日の問題でもあります。 記者6 つまり、先の見えない、言わば解決の糸口が見つけられない深刻な人材不足の問題になっています。 歯科衛生士は歯科医療機関の中で、役割が ..

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる