新役員選挙で大久保満男会長の再選を承認

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日本歯科医師会は3月10日、歯科医師会で第167代議員会を開いた。

8号議案で、新役員選挙で大久保満男会長の再選と、新監事3名を承認した。

また、平成23年度事業計画では、以下を決めた。

1)歯科保健・医療ビジョンの普及啓発と具体的な政策の推進

2)生涯研修事業の推進。

3)あるべき歯科医療と診療報酬体系の確立。

4)歯科医業経営基盤の安定化。

5)国民へのアピール。

6)医療制度改革、医療供給体制への対応。

7)日本歯科総合研究機構の運営。

8)歯科医師需給問題への対応。

9)入会促進対策。

10)     日本歯科医師会における総合情報化の促進。

11)     電子レセプト請求への対応。

12)     医療分野の情報化推進

13)     機構改革の実施と公益法人制度改革への対応。

14)     新たな歯科医療機器(材料)の臨床導入の推進。

15)     歯科技工士及び歯科衛生士の安定的確保。

16)     災害時対策および警察歯科に係わる対応。

写真:3監事が抱負を述べる。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる