▶新規会員登録

ニュース

2009/06/12

歯科医師関係

救急医療の医師は4倍の高率でインフルエンザに感染

6月11日、大阪市で開かれる日本臨床救急医学会で、静岡済生会総合病院救命救急センターが、救急医療にかかわる医師は、一般の医師より4倍の高率で季節性のインフルエンザに感染していたとの調査結果を発表した。

医療現場でも、とりわけ救急医療はハイリスクが付きまとうということなのであろう。

また、新型インフルエンザ対策では、院内における、患者から患者への拡散を防ぐことを第一目標にする。

日本歯科医師会は、現時点では、歯科院内感染予防対策ガイドラインを遵守し、歯科医療を継続する、との対策行動計画を示した。

うがい、手洗い、咳きエチケットなどの予防に関する啓発や歯科診療に関して必要な国民向け情報の発信に努めたいとしている。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策