患者情報流出で医師免職 群馬、警告メール自ら送信

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

共同通信社  2013年10月1日

 

群馬大病院(前橋市)は30日、患者の病歴などの個人情報をインターネットに流出させたとして、30代の男性医師を懲戒免職処分とした。

群馬大や新聞社に流出を警告する匿名のメールを自ら送信していたという。

病院によると、1月3日から3回にわたり、2007〜08年に研修医として受け持っていた入院患者2人の氏名や病歴、検査結果などのデータを、ファイル共有サイトに投稿した。

同月、病院の通院者を装い「流出を発見したので対処してほしい」などとするメールを自分で送信。メールを受けた大学が群馬県警に被害届を提出し、県警が9月、国立大学法人法(秘密保持義務)違反の疑いで前橋地検に書類送検した。

医師は08年3月に研修医としての勤務を終え、今年4月にあらためて非常勤として採用された。「当時の心理状況はよく覚えていない」と話しているという。

 

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる