寝たきり等での骨萎縮 原因タンパクを特定

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

寝たきりによる骨萎縮の原因は、交感神経の骨芽細胞作用を仲介するタンパク質「オステオポンチン(OPN)」にある−。東京医科歯科大学難治疾患研究所分子薬理学分野(野田政樹教授)のグローバルCOEプログラム「歯と骨の分子疾患科学国際教育研究拠点」の研究グループらが、骨と神経を結ぶ分子の機能を明らかにした。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる