▶新規会員登録

ニュース

2009/06/24

大学関係・同窓会

学生たちが今までにない新型歯科診療台を提案?

京都産業大学(京都市北区)の2、3年生を対象にした課題解決型の学習プログラムが注目されている。企業の担当者から説明を聞き、質問をするなかで、企業から求められたイベントや新製品のアイデアを学生がグループでまとめて提案する。経済産業省の「体系的な社会人基礎力育成・評価システム開発・実証事業」に昨年度と本年度、京都の大学では唯一、採択されたそうである。チームの一つは、「今までにない新型歯科診療台」(伏見区のモリタ製作所)などのアイデアを検討しているという。秋までに企業を訪問し、チームで提案内容をまとめる予定。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策