大阪大学歯学部 第74回臨床研修会開催 ご案内

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

日時:1日目:平成23年8月7日(日)10:00〜17:002日目:平成23年9月23日(金・祝)9:30〜17:003日目:平成23年10月10日(月・祝)9:30〜17:00講師:前田芳信、岩井聡一、太田嘉幸、相川友直、山西整、森本佳成、中野環、和田誠大(敬称略)、他近未来歯科医療センタースタッフ会場:大阪大学歯学部記念会館、大阪大学歯学部第一実習室、歯学部附属病院3F近未来医療センター

 先生方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 近年、インプラントを用いた補綴治療は広く一般的な治療方法と認識されるようになり、昨年度より日本歯科医師会でも生涯研修に組み込まれています。

しかし一方で、インプラントにまつわるトラブルが少なからず発生しているのも既知のことと思われます。同窓会学術では、これまでにもインプラントを談話会、講演会、研修会といろいろな場で取り上げてまいりましたが、この度、より現実的に安全なインプラント治療を日常臨床の中に取り入れて頂きたいという思いから、総括的な研修会を大阪大学歯学部附属病院近未来歯科医療センターの先生方に企画していただきました。 本研修会はインプラントの治療計画から外科処置、最終的な補綴処置、メインテナンスまでを一貫して研修していただくために3日間のコースとなっています。

病院各科から高い専門性を持ち近未来歯科医療センターに集った先生方から研修を受けることによって、より安全で確実なインプラント治療を身に付けていただけるものと確信しています。

この機会に先生方の積極的なご参加をお願い申し上げます。

大阪大学歯学部同窓会会長 尾上 好申

 近年、インプラント治療は補綴治療における1手段として必須となってきています。

一方で、不十分な治療計画、手術の施行によりトラブルとなる事例も増加しつつあります。

そこで今回の研修会では、インプラント治療をより安全で確実に行うために、3回にわたり術前診断、埋入外科処置ならびに補綴計画の基本について習得することを目標としています。本研修会の特徴として、当病院に昨年開設された近未来歯科医療センターの各専門分野スタッフがそれぞれ講義し、また各回すべてに必要となる実習を組み込んでおります。

特に補綴計画ならびに術式に関しては、固定性のみならず、最近注目されてきている可撤性のインプラント補綴(磁性アタッチメントを使用したインプラントオーバーデンチャー)についての講義、実習を行っていただく予定です。

したがって、これからインプラント治療の導入を検討している、あるいは現在導入なされている場合であっても、いまさら聞きにくいといった知識についての整理、再確認をしていただける有意義な研修会となっております。

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる