培養上清で骨再生−名大・世界初の開発

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

名古屋大学医学部附属病院は、幹細胞を移植せずに骨再生する方法を世界で初めて開発した。幹細胞を用いないことで、がん化リスクの軽減を始め、治療の安全性が大幅に向上するだけでなく、移植操作の簡便化や材料の規格化、安定性、治療コストの低減化など多くのメリットが期待できるという。

記事提供

© Dentwave.com

閉じる