在宅歯科医療を行えば高点数になり、個別意指導の対象

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

歯科診療所は、指導の強化が図れることで、経営的に大きな打撃を受ける。

このように保険医たちは、警戒感と不信を強めている。

集団的個別指導を気にすることで、自主的に請求を控える保険医が増えているという。

では、保険医全員が平均点数を下げると、その後はどうなるのか?

皮肉なことは、常に点数の上位の8%は必ず指導の対象となる。

保険医たちは、結果的に自分たちで自分の首を絞めているに等しい状況に墜ちる。

個別指導の結果、約半数が再指導になっているそうだ。

このような状況では、保険医は萎縮診療になるばかりであろう。

また、在宅歯科医療を行えば高点数になり、個別意指導の対象ともなる。

これは明らかに矛盾。

つまり、指導が医療費削減を狙った高点数歯科診療所へシフトされている。

新規指導が、新規開業保険医への個別指導に変貌しているようだ。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる