国立豊橋病院の跡地に歯科衛生士専門学校も

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

豊橋市の「保健所・保健センター及び地域療育センター(愛称・ほいっぷ)等整備・運営事業」(PFI 事業)に豊橋信用金庫が融資契約を締結豊橋信用金庫(吉川一弘理事長)は、12 月25 日(金)、信用金庫業界の中央金融機関である信金中央金庫と融資団を組成し、豊橋市が実施するPFI 事業(民間資金を活用した社会資本整備)「保健所・保健センター及び地域療育センター(仮称)等整備・運営事業」に対して、総額約37 億円の融資契約を締結した。

 

融資団は、本融資契約に基づき、株式会社いきいきライフ豊橋(本社:豊橋市西新町、三菱UFJ リース株式会社等3 社の出資により設立された特別目的会社)に対して、本事業に必要な初期投資費用(複合施設建設費等)を融資する。

 

1.「保健所・保健センター及び地域療育センター(仮称)等整備・運営事業」の概要

 

本事業は、国立豊橋病院の跡地(豊橋市中野町)に、①保健所・保健センター、②障害の早期発見・早期療育、障害児のいる家庭への支援などを行うこども発達センター、及び③休日夜間急病診療所を一体的に整備のうえ、事業期間にわたり維持管理・運営を行うものである。

市内に点在していた各施設「ほいっぷ」は、旧国立豊橋病院跡地に保健所・保健センターと障害の早期発見・療育や障害児家庭支援のための発達センター、休日夜間急病診療所を開設、来年4月1日から運用を開始する。

 

 同時に同市医師会、同市歯科医師会、同市薬剤師会の会館や豊橋歯科衛生士専門学校なども移転、市民の健康拠点を目指す。

 

・機能が本複合施設に集約されることにより、地域住民は、子育てや健康づくりに係るサービスを効率的かつ効果的に享受することが可能となり、また災害時には本複合施設が初期救急医療等の活動拠点となることが期待されている。

加えて、レストランの併設・運営、NPO 法人との協働事業の実施など、PFIの理念である民間事業者による創意工夫が随所に施される事業内容となっている。

 

(1) 事業会社 株式会社いきいきライフ豊橋

(2) 事業期間 設計・建設期間

開業準備期間

維持管理業務開始

施設供用開始

運営期間

平成19 年12 月〜平成22 年1 月

平成22 年2 月〜平成22 年3 月

平成22 年2 月1 日

平成22 年4 月1 日

平成22 年4 月〜平成42 年3 月末

(3) 事業地 豊橋市中野町字中原地内(国立豊橋病院跡地)ほか

(4) 発注者 豊橋市

(5) 事業方式 BTO 方式(本施設の設計・建設を行った後、市に本施設を譲渡し、

事業期間を通して本施設の維持管理及び運営を行う方式)

(6) 施設概要 保健所・保健センター(2 階建)、こども発達センター(2 階建)

※延床面積 約12,200 ㎡

2.融資契約の概要

(1) 貸主(融資団) 豊橋信用金庫・信金中央金庫(アレンジャー)

(2) 借主 株式会社いきいきライフ豊橋

※三菱UFJ リース株式会社(代表企業)、株式会社竹中工務店、

日本管財株式会社の3 社の共同出資による特別目的会社

(3) 融資額 約37 億円

3.豊橋信用金庫のPFI 融資契約実績4 件

4.今後の方針

PFI 事業は地域活性化に資するものであり、豊橋信用金庫では地域貢献のため、今後もPFI 事業への融資に積極的に取組んでいく。

 

 

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる