嚥下時の舌運動 三次元的動きを定量化−東大と阪大歯らが成功

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

東京大学IRT研究機構の下山勲教授や大阪大学大学院歯学研究科の舘村卓准教授らの研究グループは、従来の方法では分からなかった嚥下時の三次元的な舌運動の定量化に成功した。2月23、24の両日に開かれる第27回日本静脈経腸栄養学会で発表する。

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる