唾液から口腔がんなど高精度で発見−慶應大らが研究

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

唾液検査で特定の54物質を分析すると、80%という高精度で口腔がんを見分けられることが、慶應義塾大学先端生命科学研究所とカリフォルニア大学ロサンゼルス校歯学部のデビット・ウォン教授らの共同研究で明らかになった。
記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる