▶新規会員登録

ニュース

2009/09/17

大学関係・同窓会

唐沢祥人日医会長 次期会長選挙に出馬表明

  唐沢祥人・日本医師会会長はこのほど、来年4月の日本医師会会長選挙に立候補し、3選を目指す意向を表明した。日医の政治団体「日本医師連盟」は8月の衆院選で自民党を支持したが、民主党への政権交代を受け、今後、路線転換を求めるほかの候補が出馬する可能性もありそうだ。  日医関係者によれば、唐沢会長は14日に都内で開かれた東京都医師会の有志の会合に出席し、続投に意欲を示したという。都医師会出身の唐沢会長は2006年の会長選で、当時の小泉政権に距離を置いていた大阪府医師会出身の現職を破り、初当選。自公政権との協調路線を取ってきた。日医にとって当面の課題は来年度の診療報酬改定だが、民主党は日医内で実権を握る開業医よりも病院に報酬を手厚く配分する方針を示唆。会長選では、衆院選で県内選挙区の民主党候補を推薦した茨城県医師連盟の原中勝征委員長の出馬も取り沙汰されている。

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策