厚労省・医療改革原案 「定額負担」を提案

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

厚労省は5月19日に開かれた政府の「社会保障と税の一体改革に関する集中検討会議」で、医療費の患者窓口負担3割のほかに一定額を上乗せする「定額負担」の導入を提案した。導入時期は未定だが、定額の負担額は1回の受診で100円程度を軸に検討を進めている。これにより確保した財源を、がんや長期重症患者の負担軽減策に充てる方針で、国民的な議論をした上で総合的な改革を目指す。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる