医科・歯科に係る画面による再審査が1月10日から実施

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

社会保険診療報酬支払基金

Press Release No.252

2012/1/11

24年1月から再審査等に係る電子レセプトの画面による審査(医科・歯科)を開始

支払基金では、平成22年7月からレセプト電算処理再審査システム(レセ電再審査システム)を稼動し、保険者等及び医療機関等がオンラインによる再審査等請求を効率的に行えるよう努めてきたところです。

具体的には、資格関係の返戻などについては電子データのまま処理を行っていましたが、診療内容に係る再審査分については、画面上での処理が行えないため、いったん紙に出力した上で審査及び審査事務を実施していたところです。

今般、審査及び審査事務に係る機能等を整備・拡充し、レセ電再審査システムにおいて、医科・歯科に係る画面による再審査が平成24年1月10日から実施できるようにいたしました。

これにより、再審査業務の進捗管理が的確に行えるなど、業務処理の一層の適正化・効率化を図ることができることとなります。

支払基金としては、今後とも、審査支払業務の効率化・迅速化を図り、保険者や医療機関に対するサービスの向上に取り組んでまいります。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる