医科と歯科の格差についての国会質疑

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

第136回国会 厚生委員会 第1号平成8年2月29日(木曜日)○大口善徳分科員次に、歯科と医科の初診料あるいは再診料、この初診、再診の点数、この格差についてお伺いをしたいと思うのです。○岡光序治政府委員(厚生省保険局長)先生御存じのとおり、点数評価というのは、それぞれの分野におきましての傷病の性質とかあるいは診療行為の内容、そういったものに対応しているわけでございまして、医科、歯科の傷病の性質なり診療行為の内容が違っておりまして、結果として初診料なり再診料に差が出ておるという状況だというふうに理解をしております。

これに本当に納得したのか。国会議員の勉強不足か、追撃の矛先の限度なのか?当時の、国会答弁は、そのまま今日までの政府の見解であり、2009年6月時点でも、その牙城を切り崩せない苛立ちが、歯科界に重く澱んでいるように思われる。とてもではないが、釈然としない政府答弁であり、例えば難易度において、耳鼻咽喉科と歯科の技術格差の医学的、科学的、社会科学的、保険財政的な根拠の検証は?

記事提供

© Dentwave.com

新着ピックアップ


閉じる