▶新規会員登録

ニュース

2009/07/28

大学関係・同窓会

医学部定員問題・歯学部定員の振り替も可能に

  7月17日、文部科学省は2010年度における大学の医学部入学定員を最大369人増員するとの通知を公表した。この内容について文科省ならびに厚生労働省は、23日、都内で大学関係者、都道府県関係者を対象とする説明会を開催した。冒頭の挨拶で、厚労省医政局・杉野剛医事課長は「県外枠の利用も含め、できれば約370人の定員枠を使い切るよう働きかけてほしい」と述べ、定員枠の積極的な活用を求めた。 今回の入学定員増は、(1)地域の医師確保のための定員増、(2)研究医養成のための定員増、(3)歯学部入学定員の削減を行う大学の特例、の3種類。入学定員増は最大で(1) 329人、(2)10人、(3)30人まで認められる。このすべてが増員された場合、2010年度の医学部入学者数は対前年度比で4%の増加となる。増員の期間は2019年までの10年間で、それ以降の取り扱いは、その時点の医師養成数の将来見通しや定着状況を踏まえて判断される。特に(3)は、医・歯学部を併せ持つ大学について、歯学部入学定員を減員する場合に、当該減員数の範囲内で一定割合の医学部入学定員の増加(1大学につき10人以内)を認めるもの。なお、現在医・歯学部を併せ持つ大学は、全国で14校。今後のスケジュールは以下の通り。

8月   入学定員増員計画の検討状況の報告〔8月14日までに回答〕増員希望大学の追加要求(国立大学のみ)9月  入学定員増員計画関係書類の提出〔9月30日まで〕10月  医学教育課での審査(法人支援課、大学設置室で、校地・校舎、教員数の基準適合性を確認)→実施大学の決定収容定員増の認可申請(設置計画書の提出)〔10月20日-31日〕※省令改正により、申請時期の特例を設ける予定11月  申請書類のチェック〔1カ月半程度〕届出〔12月末まで〕12月  募集要項の公表〔12月15日まで〕認可(大学分科会の後、速やかに大学に通知) 12月  募集要項の公表〔12月15日まで〕認可(大学分科会の後、速やかに大学に通知)

奥村 勝 氏

オクネット代表。明治大学政経学部卒業後、一般企業に就職。さらに東京歯科技工専門学校を経て歯科医院、歯科技工所に勤務。さらに日本歯科新聞社編集部記者、雑誌「アポロニア」(日本歯科新聞社)編集長、新聞「Dental Today」(医学情報社)編集長を歴任

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

ガムを噛んで唾液を出すだけ!唾液検査用ガム

医療広告ガイドライン対策