▶新規会員登録

ニュース

2009/02/16

歯科医師関係

北海道厚生局 デンタルライラックの法的違反を検査

昨年から健康保険法違反の疑義を指摘されていた、歯科医院・デンタルライラックに対し、北海道厚生局は13日、健康保険法に基づいて検査に着手した。これは、北海道札幌市・NPO法人と歯科医院が、アンケートの対価として患者の健康保険の自己負担分を無料にしている問題で、改善指導を通知していたが、依然として違法な無料診療が続けられている疑いが強いとして今回の対応に出た。これは、立ち入り検査に代わる措置で、関係書類を提出させ、医院の関係者らを聴取した。今後、違法な診療が継続されていたと認定されれば、保険医の取り消しなどの処分の検討に入る。道厚生局は、NPO法人と歯科医院が事実上一体化しており、医院側が患者の負担分を肩代わりしていると判断。健康保険法に違反するとして、1月8日に文書で改善するよう指導し、改善計画書の提出を求めた。デンタルライラックが提出した計画書では、医院内にあったNPOの窓口を隣接するNPO事務所に移転するなどしており、健康保険法違反ではないとしている。しかし、道厚生局は、無料診療が従来の仕組みで続けられ、違法行為が改善されていない疑いが濃厚として検査に踏み切った。道厚生局の判断が注目される。

keyword

ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策