初・再診料の引き上げ財源は約360億円

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

平成22年診療報酬改定について、日本歯科医師会は代議員会で以下のコメントをした。

厚生労働省は、歯科医療改定財源を約600億円とした。

本会での試算は、歯科医療費の20年度実績から、2兆5660億円×2.09%=536億円である。

初診料は182点→218点(+36点)

引き上げによる影響率は1.1484%

再診料は40点→42点(+2点)

引き上げによる影響率は0.2573%

合計1.4057%

改定率2.09%の67.3%に相当する。

歯科疾患管理料(初回)

130点→110点(▲20点)

1点あたりの影響率0.02403%

スタディモデル50点(包括)

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる