全日本歯科学生総合体育大会で東歯大総合準優勝

カテゴリー
記事提供

© Dentwave.com

 "総合準優勝"という輝かしい結果に終わった、「第41回全日本歯科学生総合体育大会」。学生たちの健闘を称え、9月3日(木)千葉校舎厚生棟で「歯学体報告会」が金子学長をはじめとする大学役職者出席のもと開催された。 はじめに参加クラブ主将が結果報告を行い、その後ポイントを獲得したクラブに学長賞が授与された。 今年度は、冬季部門でのスキー部2年連続優勝を皮切りに参加18部門中14部門がポイントを勝ち取り、見事堂々の「準優勝」(146.5P)を果たした。 優勝には愛知学院大学歯学部(22部門 165.25P 579名参加)、第3位には日本大学歯学部(22部門 142.75P 523名参加)が続いており、本学は18部門376名参加と、部門数参加者数共にこの2校を下回ってはいるが、逆に部員層の厚さが結果として顕れた。 平成16年度の第36回大会の総合第6位より、毎年ひとつづつ確実にランクアップをしており、今から来年度の結果が楽しみである。 なお、本学の入賞およびポイント加算部門は次のとおりとなった。

・バドミントン部 優 勝 21P・スキー部    優 勝 20P・硬式庭球部   準優勝 16P・剣道部     準優勝 16P・陸上競技部   準優勝 14P・硬式野球部     3位 11P・ヨット部      3位  7P・少林寺拳法部      3位  3P・サッカー部        4位 12P・水泳部            5位  7P・バレーボール部    6位  6.5P・軟式庭球部        6位  5P・弓道部            7位  5P・卓球部            8位  3P

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる