介護・医療ロボを紹介 特区指定受け技術交流会−海老名

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

神奈川新聞 2013年10月23日

ことし2月に国から「さがみロボット産業特区」が指定されたのを受け、ロボット分野での産学公連携を図る「かながわロボットミーティング」が23日、海老名市下今泉の県産業技術センターで行われた。

 

ミーティングは同センターなどが主催する「県ものづくり技術交流会」の一環。

昨年は335社、8大学から約1200人が集まり、ことしも同様の参加を見込んでいる。

 

今回は、ニーズが高く、県央地区がエリアテーマとしている介護・医療分野が取り上げられた。実際にロボットを開発中の団体が製品の紹介や実演をするワークショップも行われた。

 

厚木市のLLPアトムプロジェクトは、神奈川工科大の山本圭治郎名誉教授が開発した「パワーアシストハンド」を紹介。

空気袋の膨張・収縮でまひした手の指を動かすリハビリ補助機器で、参加者は実際に手にはめて自然に動くさまに驚いたり、「量産化はいつ」と質問したりしていた。

日本精工(東京都品川区)は障害物をよけて進む「盲導犬ロボット」を紹介した。

 

交流会は入場無料、25日まで。スマートエネルギー、ものづくり技術(機械・材料、電子、化学系)などのジャンルに分かれ、先進研究の報告や質疑応答などが行われる。

 

問い合わせは、同センター電話046(236)1500。

ホームページ(http://www.kanagawa-iri.go.jp)でも詳しい内容を紹介している。

記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

新着ピックアップ


閉じる