両論併記が濃厚−中医協の審議報告

カテゴリー
タグ
記事提供

© Dentwave.com

平成24年度診療報酬改定の中医協の報告書は、診療側、支払側の双方の意見を明記する可能性が濃厚となった。11月30日に開かれた同総会で、診療側の京都府医師会副会長の安達秀樹委員が両論併記の報告書を提案、支払側からも目立った反対意見はなかった。中医協の公益委員は双方委員に対し、審議報告書の原案を12月上旬に示す。
記事提供

© Dentwave.com

この記事を見ている人がよく見ている記事

閉じる