▶新規会員登録

ニュース

2009/07/13

歯科医師関係

パーフェクトペリオという治療法

 7月13日の産経新聞で紹介されたパーフェクトペリオという治療法。 全身性の疾患の原因になる歯周病の治療としては、非常にオーソドックスな治療法(歯ブラシ・歯石取り・外科手術)以外に、抗生剤とウガイ薬で治そうという「歯周内科」が、この度「パーフェクトぺリオ」という治療法。

http://www.n-d-r.co.jp/report/pdf/ppwkbcells.pdf

http://www.n-d-r.co.jp/report/pdf/ppwbiofilm.pdf

http://www.n-d-r.co.jp/report/pdf/08081101.pdf

 この「次亜塩素酸水」は、安全である上に、殺菌の表面に露出しているタンパク質部分を変成させ、表面を瞬時に溶かして、10秒以内に歯周病菌を死滅させるので、従来の治療法を長時間する事により、歯周病菌を体内(血管内)に送り込むという、本末転倒な結果を生むこともない、抗生剤を飲む事で耐性菌を作ってしまうという心配もないとされている。治療中の出血量も抑えることもできる。 パーフェクトペリオとは、野口歯科医学研究所(栃木県小山市)が2005年に開発した、人体への影響を最小限に抑えつつ、バイオフィルムを作る虫歯菌や歯周病菌を溶菌する効果のある口腔機能水。 具体的には、白血球と同じ殺菌成分であるHClO(次亜塩素酸)とバイオフィルムの破壊効果のあるNaHCO3(炭酸水素ナトリウム)が含まれた電解水により、虫歯菌や歯周病菌の周囲にあるバイオフィルムを破壊し、細菌を破裂させ、溶菌。 歯周病・口臭対策治療パーフェクトペリオシステム野口歯科医学研究所では、歯周病は歯周病菌がだす酵素やもっている内毒素による白血球の過剰反応によって骨が溶かされるという点に着目し、高純度活性化HClO<パーフェクトペリオ>を活用した、新しい検査法・新しい治療法・新しい予防法を組み合わせた治療システムを開発した。 具体的には、顕微鏡による検査・ガスクロマトグラフによる検査、パーフェクトペリオを使用した歯周ポケット内・舌表面の歯周病菌の殺菌、歯肉の縁上・縁下の歯石(内毒素)の除去。

医科歯科通信記者

長年にわたり歯科界の動きをチェックし、鋭い視線で切り込みます。茨城県出身。(医科歯科通信)

keyword

新着ピックアップ


第112回歯科医師国家試験の総評と今後の展望

難易度高過ぎ!?現役歯科医師らが歯科医師国家試験に物申す

医療広告ガイドライン対策